パワプロ・プロリーグ元代表選手のゲームブログ

パワプロ・プロリーグ代表経験者のtellによるブログ

坂本 勇人(2020年・巨人)

坂本 勇人(さかもと はやと 1988年12月14日生まれ 兵庫県伊丹市出身)

光星学院~巨人(2006年高校生ドラフト1位・2007年~)

 

【タイトル・表彰・記録】

最優秀選手 1回(2019年) 首位打者 1回(2016年) 最多安打 1回(2012年) 最高出塁率 1回(2012年) ベストナイン 5回(2009年、2012年、2016年、2018年、2019年) ゴールデングラブ賞 3回(2016年、2017年、2019年) 月間MVP 2回(2018年3・4月、2019年3・4月) WBC日本代表 2回(2013年、2017年) WBC 銅メダル 2回(2013年、2017年)プレミア12 日本代表 2回(2015年、2019年)プレミア12 金メダル 1回(2019年) プレミア12 銅メダル 1回(2015年)

 

『生ける伝説』

2006年の高校生ドラフト会議で、1巡目で読売ジャイアンツから指名を受け入団した大型遊撃手。入団当初の背番号は200"6"年ドラフト”1”位を由来とする『61』

 

ルーキーの2007年から1軍試合出場経験があり、9月6日の中日戦で延長でプロ初安打初打点となる勝ち越しタイムリーを放つ。翌2年目には松井秀喜以来10代開幕スタメンに抜擢されるなど、シーズン通してスタメン出場をし、レギュラーの座を掴む。その年のオフに背番号は現在の『6』となる。

2012年には当時チームメイトの長野と共に最多安打を獲得、2016年にはセ・リーグ史上初のショートの選手の首位打者など、数多の実績をあげるときりがない、2010年代のプロ野球界を代表する選手の一人である。

 

史上最年少2000本安打を期待された2020年だったが、コロナウイルスにより開幕が延期してしまい、その可能性は潰えてしまったが、2020年も引き続き1軍をでショートを守り続け、11月8日のヤクルト戦で本拠地・東京ドームで2000本安打を達成。31歳10か月での達成は史上2番目の年少記録である。

f:id:tell_7171:20201125173521j:plain

f:id:tell_7171:20201125173614j:plain

【画像データ】

f:id:tell_7171:20201125173652p:plain

【査定について】

チャンスB無しダメ押し→今シーズンの得点圏打率.337。あれ?じゃあなんでチャンスBじゃないんだ?と思うかもしれないが、今シーズンの坂本の状況別得点圏打率を調べると、ビハインド時得点圏.200、同点時得点圏.192とあまり打っておらず、リード時得点圏は.500で4点差以上リード時.473、2点差以上リード時で.589と滅茶苦茶打っている。チャンスBだと得点圏にランナーがいればいつでも発動するため、大量リード時にのみ発動するダメ押しです。

盗塁C→盗塁(成功4-失敗1)、成功率80%

走塁C無し→走力の割に今シーズンはスリーベース1本

人気者→人気者でしょう。