パワプロ・プロリーグ元代表選手のゲームブログ

パワプロ・プロリーグ代表経験者のtellによるブログ

松原 聖弥(2020年・巨人)

松原 聖弥(まつばら せいや 1995年1月26日生まれ 大阪府大阪市出身)

仙台育英高校明星大学~巨人(2016年育成ドラフト5位・2017年~)

 

『世界驚愕の超特急』

2016年の育成ドラフト会議で、5巡目で読売ジャイアンツから指名を受け入団した俊足の外野手。仙台育英高校在学時は2年秋はセカンドで試合出場していたが、3年夏はベンチ外。夏の大会終了後、震災の影響で部員が少なくなった陸上部に入部し、駅伝に出場した経験もある。

大学は東海大学日本体育大学なども加盟している首都大学リーグの明星大学に進学し、2部リーグ5季連続ベストナインを獲得。

2016年の育成ドラフトで指名を受け、同大学初のプロ野球選手誕生となった。(同年の育成ドラフト会議では、同大学からは他に楽天から南要輔も指名を受け、同時誕生となった)。完全に余談だが、僕も明星大学経済学部出身なので、松原や南とは話したことはないが同じ授業を受けていた、はず。

また、兄の侑潔はお笑い芸人で、おもしろ荘に出演経験がある。弟の涼雄は広陵高校野球部で、太田光(現楽天)らと甲子園出場経験がある。

 

入団後、主に3軍で出場し、2年目の2018年の途中で支配下登録となり2軍のイースタン・リーグシーズン133安打は新記録。その年の日米野球で巨人対アメリカ選抜戦でも起用されランニングホームランを、自慢の脚力を世界に見せつけた。

 

2020年の7月25日に念願の1軍初昇格を果たすと、同日に即代打起用でプロ初出場初打席を迎え、その打席でプロ初安打(二塁打)を放つ。最終的にはシーズン最後まで1軍に帯同し、86試合に出場、打率.26312盗塁を記録した。来シーズンも大いに期待を感じさせる結果となった。

 

今回再現で作った理由はただ一つ、冒頭に書いたが僕と同じ明星大学出身で同学年の選手だからです。同大学初のプロ野球選手として応援してる選手の一人です。

f:id:tell_7171:20201117175259j:plain

f:id:tell_7171:20201117175351j:plain

 【画像データ】

f:id:tell_7171:20201117175448p:plain

【査定について】

走力A87、守備C65、捕球D50→指標上は守備数値は優れているが、センターではなくライトでの指標なので、このぐらいの数値で様子見。代わりに走力上げてます。捕球は、エラー自体は少ないが、ジャンピングキャッチ等を試みる際にわずかに及ばず落すシーンも稀に見受けるので様子見。

チャンスE得点圏打率.216。通常ならチャンスFだが、走者別だとランナー2塁、ランナー3塁の場面が弱く、1,2塁、1,3塁、2,3塁の場面はそこまで弱くなかったのでチャンスEに。3ランも1本打っている。

盗塁B→盗塁企画内訳(12成功ー2失敗)、成功率86%

内野安打○→内野安打数15本(内野安打率20%)

三振→三振数71、三振率.255。多い。

選球眼→ボール球見極め率81.58