プロリーグ経験者のゲームブログ

パワプロ・プロリーグ代表経験者のtellによるブログ

青木 宣親(2010年・ヤクルト)

青木 宣親(あおき のりちか・1982年1月5日生まれ・宮崎県日向市出身)

宮崎県立日向高校~早稲田大学~ヤクルト(2003年ドラフト4位・2004年~2011年)~ブルワーズ(2012年~2013年)~ロイヤルズ(2014年)~ジャイアンツ(2015年)~マリナーズ(2016年)~アストロズ(2016年11月~2017年7月)~ブルージェイズ(2017年8月)~メッツ(2017年9月)~ヤクルト(2018年~)

 

【タイトル・表彰・記録】

新人王(2005年)、首位打者 3回(2005年・2007年・2010年)、盗塁王 1回(2006年)、最多安打 2回(2005年・2006年)、最高出塁率 2回(2007年・2009年)

ベストナイン 7回(2005年~2011年) 、ゴールデングラブ賞 6回(2006年~2011年)、月間MVP 4回(2005年8月、2007年4月、2010年9月、2018年6月)、オールスター選出 8回(2005年~2011年、2018年)、オールスターMVP 2回(2006年第1戦、2009年第1戦)

野球日本代表選出 4度(WBC・2006年、2009年、2017年。五輪・2008年)、野球日本代表獲得メダル 3度(WBC・2006年金、2009年金、2017年銅)、WBCベストナイン 1回(外野手、2009年)

【その他】

NPB歴代最高打率・.326(2019年現在)

NPB史上唯一・シーズン200本安打2度達成

スポーツマンNo.1決定戦 ショットガンタッチ 世界記録保持者(13m60cm)

 

『生ける安打製造機

2003年ドラフト4位で入団した俊足巧打の外野手。2004年の1年目は2軍で経験を積み、2005年に才能が開花。セ・リーグ史上初の200本安打を達成し、新人王を獲得。以後、毎年のようにタイトルを獲得する日本を代表する外野手の一人。

 

入団以降2011年までヤクルトに在籍し、2012年以降はメジャーリーグでプレーし各球団を渡り歩いたジャーニーマン。特に2014年にロイヤルズに在籍していたときには優勝も経験。2018年の春季キャンプイン直前に日本時代の古巣・ヤクルトに電撃復帰が発表され、それ以降も現在に至るまで安打を量産し続けている。

 

今回再現した2010年は春先は不調だったが6月以降から9月までは毎月.370以上を記録した。特に夏場にはチームも10連勝を達成し、青木自身も9月の月間MVPを受賞する活躍を見せた。

更にこの年は飛ぶボールと言うこともあり、打高のシーズンにあり、首位打者争いが激化。マートン(阪神)、平野(阪神)、和田(中日)などと熾烈な首位打者争いを演じたが、最終的には青木が制し自身最高の.358でシーズンを終えた。

f:id:tell_7171:20200726204700j:plain

f:id:tell_7171:20200726204722j:plain

【画像ファイル】

f:id:tell_7171:20200726205907p:plain

【査定について】

基礎能力→パワプロ2011を参考に、作成。

パワー→ホームラン14本打っててパワーDは少ないので増やしました。

特殊能力→これも基本的にパワプロ2011を参考に、作成。

プルヒッター本塁打内訳(左1本、中2本、右11本)

回復A毎年3割打ってて、2010年は更に打っているので。